利息と遅延損害金の性質について

利息は元本について発生するものですが、遅延損害金は債務不履行があった場合の損害賠償金なので利息とは性質が異なります

利息というのは、元本債権の存在を前提にして発生する元本の収入であるといわれています。
つまりこれはお金を借りた人はそのお金を使って利益を得ているのでその対価を支払いなさいということです。
“利息と遅延損害金の性質について” の詳細は »

払いすぎた過払金に利息が?

払いすぎた金利(過払い金)にきちんと、に利息をつけて消費者金融に請求しましょう

債務整理で過払い金の利息がつくことを皆さんご存知ですか?

過払金は民法上の不当利得の規定(民法703条)に基づく貸金業者が悪意の受益者であれば利息を付して返還すること
“払いすぎた過払金に利息が?” の詳細は »

過払金は取り戻せる!

正確な取引履歴に基づいた正確な引き直し計算が必要であり、専門家に依頼するとすぐに対応が可能です。

以前は貸金業者の場合、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間の金利帯でも、一定の要件を満たしてしまえば有効となっていました。

“過払金は取り戻せる!” の詳細は »

個人への貸付けと債務整理

個人の貸付は返せる範囲で、無理のないようにということを念頭に債務整理も 進めやすい形の社会が出来上がりつつあります。

個人への貸付制限が法改正で行われたことも無理な融資を防いだり
債務整理を困難にしないための布石になっています。
“個人への貸付けと債務整理” の詳細は »

貸金業法改定も債務整理の味方に

貸金業法の改定により、グレーゾーン金利の撤廃で過払い金の取り返しが債務整理で確実に出来るようになりました。

貸金業法も債務整理の味方になったことはご存知のとおり法改正で明らかなのですが、これには貸金業界そのものが「悪いイメージを一新したい」ということ、借金に苦しむ人の自殺などが相次いで社会問題に

なったことも大きいでしょう。また債務整理が困難であった環境を見直すことで前向きな救済が出来るという点ではこの法改正は評価すべき面が多いものです。改正法の主な内容は次のとおりです。

●貸金業協会の自主規制機能の強化

●夜間に加え日中の執拗な取立て行為の規制

●借り手の自殺による生命保険金による弁済禁止

●特定公正証書(強制執行認諾付公正証書)作成のための

委任状取得の禁止

●利息制限法を越える契約についての特定公正証書

作成の嘱託の禁止

●みなし弁済制度の廃止

●ヤミ金融に対する罰則最高刑を、懲役5年から懲役10年に強化する。

●グレーゾーン金利の廃止

★グレーゾーン金利とは・・・・

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって次のとおり制限されており、これを超える部分は無効となります(同法1条1項)。

年20% – 元本が10万円未満の場合

年18% – 元本が10万円以上100万円未満の場合

年15% – 元本が100万円以上の場合

上限金利を超え、なおかつ出資法に定める上限金利に満たない金利帯を法の合間を縫った不当な金利でグレーゾーン金利といいます。これが債務整理を困難にさせる原因でもありました。

遺産分割協議を書類にして相続が安心
たかが書類だけど、されど大事なものであるのだ。遺産分割協議書を侮ると危険である。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

債務整理の救世主闇金取締り

債務整理が困難であった人々が法改正により保護されることと、再生しやすい環境を整えられたことで、不当な道理が通らないことになってきました。しかし借りる側もきちんと計画性を持つことは言うまでもありません。

法律改定が債務整理に大きな進歩を与えているとお伝えしていますが、
このほかにも闇金取り締まり事項として押さえておきたい内容があります。
“債務整理の救世主闇金取締り” の詳細は »